Technology

Lumendrive™は電源のLEDドライバーを必要とせず、専用チップのテクノロジーによりダイレクトにパワー供給・調光・制御を管理する技術。高効率、小サイズ、そして電源の性能に左右されない長寿命を可能としました。


Lumentalk™は既存のAC電源線を通じてLED照明のデジタル制御を可能にする画期的な技術です。データ通信線の追加敷設なしに、安定したノイズフリーの高速通信コミュニケーションを実現し、省コスト・省エネを最大化します。また通信プロトコールに依存せず、トライアック、0-10V、DMX、ELVなど、一般的な調光・制御スタンダードの多くに対応します。


RDM(リモート・デバイス・マネジメント)はDMXを強化した機能の一つ。双方向による制御と通信のフルメニューに対応し、コミッショニング(テスト点灯)の作業軽減に大きく貢献します。個々のLED灯具からアドレス、ステイタス、温度、予測される残存寿命などの重要情報が伝達され、灯具の特定、アップデート、テスト環境の再セットなどもシンプルな操作で可能です。


Lumenbin™ は色温度の一貫性・不変性を担保するLumenpulse独自のビニング技術です。マルチビニングの発想から、異なる複数のビンを組み合わせることで、色温度のバラツキに関し「マクアダム楕円3ステップ以内」という高精度なレベルの保証を可能にしました。


Lumensmart™ はネットワーク環境下のLED灯具がDMX、RDM、DALI、0-10Vなどの一般的な制御プロトコールを自動的に認識し適応する特許技術です。プロトコールに関係なく、LED光源が自動対応する機能により、Lumensmart™はスペックの工程を大幅に簡素化し、省エネに寄与するLED照明プラン実現のスピードアップに大きく寄与しています。


革新的なデュアルチャンバー(二重構造)による温度設計システムを有するLumencool™は、多くのLumenpulse製品に採用されています。表面積の最大化や、LEDドライバーとLEDボードの間に生じる空気の対流により、高い発光効率を実現し、業界トップ水準の長寿命(L-70/120,000時間)を可能にしました。またLED光源とLED電源(ドライバー)の分離構造による電源交換プロセスのシンプル化も、製品寿命の伸長に貢献しています。


すべてのLumenpulse製品に組込可能な Lumendim™ は、白色光のスムーズな調光を可能にする独自のファームウェアです。Lumendim™は、「段差」を感じさせるリニア調光とは異なり、人間の視覚にマッチする調光カーブを描き、より自然でスムーズな調光を実現します。


LumenID™ はLED灯具に付与される固有のシリアル番号を用いてアドレス管理を行うLumenpulse独自の技術です。各々のLED灯具につき最初のボードにアドレスが与えられると、LumenIDはスレーブボードのアドレス数を決定します。これによりテスト点灯や設置作業に際し、時間・コストの大幅削減が可能となります。


Lumenlifeは温度や調光頻度など使用環境の条件から、LED灯具の残存寿命を高い精度で予測する特許技術です。残存寿命に関する情報のフィードバックにより、適切な交換時期のアラートも可能とします。


Dim to Warm (ディム・トゥー・ウォーム)は、調光で光量を下げた際に光源の色温度が自動的に下がる機能を組み込んだLumenpulseの独自技術です。調光時に赤みを増す白熱電球の光と同じように、プログラムされた調光カーブにより、白色LEDの色温度(2700K~2200K)にスムーズな変化を与えてくれます。


Dynamic Warm(ダイナミック・ウォーム)は色温度(2200K~3000K)のケルビンチューニングに最大の柔軟性を与えてくれるLumenpulse の技術です。照明の用途やニーズの変化に対応し、あらゆる状況でパーファクトな暖色光を創り出します。


Dynamic White(ダイナミック・ホワイト)は色温度(2700K~6500K)のケルビンチューニングに最大の柔軟性を与えてくれるLumenpulse の技術です。照明の用途やニーズの変化に対応し、あらゆる状況でパーファクトな白色光を創り出します。